内部被爆セシウム量測定01

 

2015年12月某日、東京都新宿区「フクシマ・ピュア」にて、我々は内部被ばく検査を受けた。ウクライナより運んだとされる検測装置に腰掛け、内部被爆の根拠とされる体内のセシウムの量を測定した(このウクライナ製の検測装置では、現在国内で使用されている測定器よりも、より細かなセシウムの量を測定できるとのこと)。内部被爆とは食事などで体内に放射線が取り込まれる事で、外部被爆とは異なる。生体への影響の可能性は、内部被爆の状況によって推し量る事ができるとの事である。福島県内での撮影を通じて我々の人体に影響が出ているのか。今後も定期的に検査を受ける。

 

 

Inner-body radiological contamination test

01 (cesium)

 

One day in December 2015, the model as "Alice" and I had a inner-body radiation contamination examination with a special machine from Ukraine. We have visited areas near Fukushima nuclear power plants numbers of times for the shootings, and we needed to know the possible effects on our bodies. Unlike exterior body radiation contamination, inner-body one is caused mostly by eating food, and the cesium level, that is believed to cause adverse effects on human body, is measurable in more precise level than the ones that the equipments arranged by the government. 

 

 

The International Commission on Radiological Protection (ICRP)

国際放射線防護委員会

http://www.icrp.org

 

The International Atomic Energy Agency (IAEA)

国際原子力機関

https://www.iaea.org

 

European Committee on Radiation Risk (ECRR)

ヨーロッパ放射線リスク委員会

http://www.euradcom.org

 

 

外部リンク:フクシマ・ピュア新宿駅南口店舗

External link: Fukushima Pure Shinjuku South exit banch(Japanese only)

 

福島のアリス 

Fukushima NO ALICE

© 2016 Daisuke Takeya All rights reserved.