クラゲの勉強@加茂水族館(その2)Jellyfish study@Kamo Aquiarium(2)


山形県の加茂水族館での勉強。

せっかくクラゲについて学んで感動したので、もう少し話させてね。

クラゲは基本的に刺胞と言う毒針を、それはもう全身に沢山持っています。

「針」と聞いて、チクチクした細かいとげの様なものをイメージしませんか?

実際はもっと深かった。

写真を見てください。これはクラゲの赤ちゃん(エフィラ)の腕の顕微鏡で見た様子です。

表面から細かい糸のようなものが出ているのが分かりますか?

(けっこう解らないと思います)

刺胞というのは小さなカプセルのことで、刺胞についている針が相手に触れた途端、カプセルから細くて長い管が発射し、肌の中を駆け巡る。侵入した管のたくさんの穴から、まんべんなく毒が噴射される。それが、何百、何千と発射される・・・。

クラゲは可愛い形をしている。

それでいて、考える能力が無い。

分類では低級な生物である。

だから思わず撫でたくなる。

しかし本当は人間より強い。

「人間は考える葦である」―パスカル

弱いからこそ思考する。

思考しないと、クラゲより弱いのかもね・・・。

リンク:加茂水族館(クラゲドリーム館)

http://kamo-kurage.jp/

写真:加茂水族館

Look at this picture. This is an arm of baby jellyfish(ephyra).

It's so tiny and soft but it has countless stings. The

The stings look like a tread, so they will reach deep inside of our skin.

Perhaps a small jellyfish is stronger than a human...

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 

福島のアリス 

Fukushima NO ALICE

© 2016 Daisuke Takeya All rights reserved.