クラゲって死んだら消えるの?(クラゲとナマコをめぐるアリスの疑問)/Does Jellyfish really disappear after its death?

アリスがクラゲ好きで、時々まちの人たちにクラゲのことを教えるボランティアをしてることは、どこかでお話ししたかもしれません。

でも最近新しく知ったの。クラゲは死ぬと「海になる」ってこと。

95%が水でできてるから、たしかに5%の自分の体って儚いのかもしれない。

しかしながら、跡形もなく、あの傘のような形はほろほろと海に帰って行くのだそうです。

アリスは文学的に、てつがく的に考えちゃいました。

生きた軌跡もない命が無数に生まれて消えるってところにね。

そんな中、沖縄の友達がナマコの話をしてくれました。

ナマコって、砂浜に置いておくと、

暑くて自分から皮を破って内臓を吐き出して、

勝手にこわれていくんだって。

んでもって、

ナマコって、ぐちゃぐちゃ、ばらばらになっても、

海水でもとに戻るんだって。

お、、おうえええええ・・・・・・

よし、これは見なきゃ。

でもナマコが無い。

Youtube見よっかな。

・・・ぐちゃぐちゃにしてる人がほとんどいませんでした。

だれかチャレンジャーと、我々の勉強のために献体してくれるナマコさんがいても良かったかと思うのですが。

でもナマコってすごいみたいです。

http://www.dalian-bs.com/haiyantang/namakotextJ.html

気になって海洋生物に詳しいお友達に聞いたところ、ナマコは手でぐちゃぐちゃにして水に溶かしても、自分の組織をまた集めて元に戻すことができるそうなんです。

沖縄の子の話はほんとだった(疑ってはいないけど^^;)。

しかしながら、ナマコの再生シーンがやっぱり見たいのです。

知ってる方がいましたら、ぜひアリスに教えてください。

コメント欄を使って、特に動画が欲しいです・・・!

ちなみに、ナマコをあまり見たことが無い人のために。

【閲覧注意】「なまこ観察」

タグ:

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square