発情期のセキセイインコ。


ここはどこ?

ここは新聞のトンネル。

ピーちゃんのお家です。

1月に入ってから作るようになりました。

アリスと暮らしているピーちゃんはメスのセキセイインコで、

2014年の11月30日生まれ。

赤ちゃんの時から、アリスの手のひらで育ちました。

右のほっぺただけが真っ白なのが特徴。

綺麗なアリスブルーで、ちょっと小柄みたい(たまたま)。

Where it is?

This is the house of a parakeet P-chan.

P-chan is female, and she is born on 2014 Nov. 30.

I have feed her on my hand when she was a baby bird.

She makes a house with used news papers.

敷いた新聞はボロボロ。

噛みちぎってお布団のようになっています。

ピーちゃんはお腹をペッタリ床につけて、卵を温めるようにじっとしています。

卵は産んでいないのだけど。

She stays in her house as if she has eggs...

最初は病気で止まり木から落ちて震えているのかと思ったけど、

いつもの元気そうな顔をしていたので、

どうやら元気だな、でもどうしたのかな。もぐりっこして遊んでいるのかな・・・。

と思って詳しいお友達に聞いたら、「お母さんになる準備してるんだね」って。

My friend said that she wants to be a mother.

ちなみにこのピン!とした格好は、インコのお相手を出会う時のポーズ。

目も血走ってて、

こうなると触っても揺らしても固まったままです(しばらくしたら我にかえります)。

にんげんは子育てする・しないの両方に

なにかしら「訳(ワケ)」がいるみたいだけど、

動物って、必死で生きる方向を見つめてるんだね

って、考えるアリス。

おせっかいだけど、

ピーちゃんがヒナを育ててみたいなら

男子インコを探したいです。

もしオスを飼ってる方がいましたら、お見合いしませんか。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square