いないさ。

「霊感」という意識は薄れてきたが、

それは死からだけでなく、

生きているものからも自然に届けられる知らせである。

先月は悪夢を見て、目覚めてもなんだか気分が良くないな・・・と思って、

なんとなくカレンダーを見たら1月26日。

だったのですけど。

その日はそんなことがあったから、

喪に服したように過ごしていました。

以前、学生時代に似た悪夢を見続けて、たまたまお母さんからの電話があったので相談したら、

小さくして亡くなった親戚の命日を知る。

たまに、生きた子どもに関わる感知もある。

しかしそれは恐怖ではあるが、霊能力者みたいにうまく操れていない。

だから、起こることは理解しているけど怖いのだ。

昔から、そういうのを感知するアリス。

どんな感じかというと、なんとも言えない。変な感じ。

ここ二、三年は、この時期が待ち構えて憂鬱。

でも、できるだけ存在を認めない。

返事をしない。

”いると思えばいるし、

いないと思えばいないから”

by 怪談絵本 「いるの いないの」京極夏彦 著

でもやっぱり、

生きている人間の力の方が強いよ。

たとえ、感知でも。

こわいはなし、おわり。

タグ:

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

 

福島のアリス 

Fukushima NO ALICE

© 2016 Daisuke Takeya All rights reserved.